タミフルについて考える女性

A型やB型以外に2009年頃に出始めた新型インフルエンザをご存知ですか?一般的なA型やB型インフルエンザはタミフルという薬が効果的でしたが、この新型インフルエンザにタミフルは効くのでしょうか?タミフルの効果について詳しく見ていきましょう。

初期症状のくしゃみとタミフル治療と治癒報告書の提出

くしゃみ、鼻水、咳などと言う症状は風邪の代表的な症状でしょう。こうした症状であると単に風邪で自然に治ると油断して放置する日tも少なくありません。しかしこの症状が真冬の場合にはこうした油断はできません。それはその症状がインフルエンザ感染の初期症状である可能性が払しょくできないためです。こうした症状でも早急に医療機関を訪れて、検査をしてもらうのが賢明です。検査は非常に簡単で、鼻の粘膜を綿棒でとって検査にかけます。10分程度で診断でき、陽性と出ればインフルエンザの専門治療薬が処方されます。その治療薬とはタミフルが代表的なものであり、5日から一週間程度服用する必要があります。またインフルエンザは感染者のくしゃみ、咳などの飛沫で他人に感染をさせてしまいます。そのことで学級閉鎖に追い込まれる学校も少なくありません。そこで医師は一週間程度の登校禁止命令を下し、自宅療養が強いられます。学校によっては一週間の自宅療養が明けても、本当に完治したか懸念し、治癒報告書の提出を命じる学校も存在します。治癒報告書は学校指定の書式がある場合があります。また診断書で代用できる場合もあります。医師に相談してこうした書類に記入し捺印を貰うと良いでしょう。しかし感染者の体は1週間以上経過したからと言ってウイルスが完全に体外から排出されたわけではありません。そのため他の人への感染が100パーセントないとは言えません。そのため登校する際にはマスクをしていると咳などの飛沫が飛ばずに、他者に迷惑かけることがありません。またトイレの後は徹底して手洗いしたり、アルコール消毒しておくことが大事であると言えます。これで接触感染のリスクを軽減することができます。