タミフルについて考える女性

A型やB型以外に2009年頃に出始めた新型インフルエンザをご存知ですか?一般的なA型やB型インフルエンザはタミフルという薬が効果的でしたが、この新型インフルエンザにタミフルは効くのでしょうか?タミフルの効果について詳しく見ていきましょう。

予防接種を打たないで感染してもタミフルは必要ない?

インフルエンザの予防として最も効果的だと言われているのが、手洗いやうがいといった基本的な予防方法をはじめ、予防接種が効果的だと言われています。
確かにインフルエンザの予防接種をしても100%の効果が期待できることはなく、予防接種をしても予想が外れていれば、感染をしてしまいます。たまにインフルエンザの予防接種をしたことで感染をしてしまったという話を聞きますが、これはインフルエンザの予防接種が原因で感染しているわけではなく、その年の流行しているタイプと予防接種に使われているタイプが違う事で感染をしてしまうと考えるのが正しい考え方になります。
効果が完全でない割に費用が高めになっているので、予防接種を打たないという考え方をするご家庭もあるようですが、確かに小児なのど場合には2回の摂取なので費用的にはかかりますが、予防接種の効果がないという事ではなく、感染をしても軽減できる事があるのは事実なので必要ないという判断は決して正しいとはいえません。
インフルエンザに感染をしてしまった時に処方されるタミフルに関しても抗ウイルス剤というわけではないので、タミフルを飲んだからといってインフルエンザが治るというのではなく、ウイルスの増加を防ぐ事ができるというのがタミフルの効果になりますので、感染して発病から48時間以上たってしまった場合には、既にウイルスがかなり増加している状態なので、タミフルの利用は必要ないと判断する医師もいます。
実際に、インフルエンザに対してタミフルは絶対的に必要かと言われれば、必要ないという答えでも間違いではありません。しかしながら発症から早い段階でのタミフルの効果はかなり期待ができるので医師の判断で早めに利用をする事で解熱のタイミングが早まる効果が期待できます。